ここまで読まれた方はだいたいの指の動きがわかってますね。

ナルチョでおさらいしましょう。

 ⇒「ナルチョといえばチョッパー ベース」

ベースの趣味はいろいろなので、音は様々になりますね。

僕はアイバニーズとか好きでした。



僕の一番のお勧めはStingRay



スタジオには30年ものがいますが、いまだ現役!!

しかもフラットワウンド・・・(かなりコア)

日本人向けで、それほど大きくないし持ちやすくて軽い。

多少バランスを必要としますが、フレットもいい感じです。

さて、左のフィンガリングが慣れてくると、、、、

それまでにベースを習った人とか特に感じることがあります。

それは「指がだんだんねてくる。」というか

    「関節を立てていなくてもよくなる。」


チョッパーやスラップベースでは、ある程度リフが決まっているので、

当然、使う音の種類とフレット位置も限定されてきます。


これは、どういうことかと言うと。

「小難しいフィンガリングはしない。」ということです。


慣れるにしたがって、指に余計な力が入らなくなるのもありますが、

「ココ」らへんと「ココ」らへんしか使わない、ってのがわかってくると、


ほぼ、指を寝かせた状態で弾くことも出来てくるわけです。


そこから先が楽しくなるので、ここまでの練習はしっかり積んでください。

「奏法について」の以後のチョッパーベース記事は、

ちょっとした技を紹介しながら、その使い方のコツなどを書いていきます。

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 5.ベースの奏法について > チョッパーベース・スラップベースの動画で練習





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/135