前回のイオニアンスケールは分かりましたか?

    ⇒イオニアンの話

■ベースギターはギターとスケールが同じです。

  まぁ、当たり前だけど。。。


  ギター弦の太い方4本と同じフレット使いを覚えれば、

  持ち替えればソロも弾ける、ってことです。


 ■===■「ドリアン・スケール」■======■


  前回の、キーボードの白鍵だけを使って、「ド」から弾き始めて「高いド」までいって

  帰ってくるドレミファ・・の練習をしました。3の倍数番目にはアホにならなくれはなりません。


 ==【前回までの確認事項】===

   「イオニアン・スケール」は、

   そこから始めて(そこを1として) 

   「3番目の音から4番目の音に移る時は」

    半音で上がっていて、


   また、同じように

   「7番目から8番目(=1)に移る時も」

    半音で上がる、という階段ってかステップの高さの違い? みたいな。。。


  ■半音を「1」として考えると


  「2・2・1・2・2・2・1」という【規則的な】段差をキープして

   上がったり下がったり、、、


  ■この音の上がり方の規則は普遍的で共通で、

    「世界に一つ、ってか1種類。」だと思ってる。

  ■でも、視覚的に・・・・、数字的に見てくと、思いつくのは、


    「法則を規則的にズラシってったら どうなんの?」


    ってこと。 興味ありますよね!?

       dosuu_piano.gif

 ■「ド」からじゃなくて、

 
   「レ」から始めて「レ」まで弾いたらどうなるか?

 (*使う鍵盤は白鍵のままで、変に黒鍵で調整とかしなくて)


    「2・2・1・2・2・2・1」という【規則的な】段差だったのが、

    1個右にズレて、

    「2・1・2・2・2・1・2」いう【規則的な】段差になるはず。

 ★そのフレーズ、じゃないね、、、スケールをドリアン・スケールといいます。


   「レから始めた」事が重要なんじゃなくて、


    その並び方、というか上がり下がりのイメージの特長を掴むこと。

 ■前回はKey=A で練習を始めたから、このまま行きますよ


   【A】を、仮に「1・ド」とすると、「2・レ」の役目は

   【B】になります。

   鍵盤上の「B・シ」から弾き始めて

      「2・1・2・2・2・1・2」いう【規則的な】段差

   で、弾いていったフレーズ、、、じゃねぇって

   スケールのイメージ・雰囲気になってるか!?


    ということを気にしながら、練習します。

  Bを1として、

 b_dri.jpg

  ■で、これの意味が分かった後で覚えるコト


   『この場合は、』

   『Bの音から始まってるので、「Bドリアン」と言う』 と覚える


  この雰囲気に名前を付けているのであって、

  どの音から始めたか、はあまり関係ない。

   
 ■その時に初めて、

   キーボードならば、黒鍵で調整しなくちゃならないんです。


  さっきの、Key=A でBドリアンを弾く時は

  最初の音は「B・シ」です。

    dosuu_piano.gif

  この一番左が「ド」なので、その外の隣が「シ」、そこから始めると、

  ★いきなり最初から「半音」で「ド」に行っちゃいます。

    「2・1・2・2・2・1・2」いう【規則的な】段差 

    にしたいわけだから、半音「2」コ分上がらなきゃ、の「C#」

    また次が「2」なので、そこから「2」上がって、の「D#」

    その次は「1」でいいので、そこから「1」だけ上がって、で「E」

    で、「B・C#・D#・E・・・・・・」ってなります。

 b_dri.jpg


 このスケールの響き、というか受けるイメージは、ちょっと暗い感じ。

 最初のイオニアンのスッキリした感じとは違います。


 ■というのは、ダイアトニックコードの順番で

  「T・Um・Vm・W・X・Ym・Zm-5」と並んだ時の2番目のコードが

  「Um」なので、それを響かせるためのバックの音たち、だからなんです。


 ■このへんも、ゆっくり解説していきます。


  
  

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 4.ベースのスケール > ベースのスケール練習 その2 〜ドリアン スケール〜





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/129