ベースのスケールを図を使ってちょっとずつ練習しましょう。

それぞれのスケールには独特の名前があることは

以前にも書いたと思いますが ⇒「それぞれの音から始まるスケール」

■キーボード初心者のブログにもあるので参考にしてください

   ⇒「メジャースケールについて」

この最も基本になるスケールを「イオニアン・スケール」といいます。


いわゆる「普通に思っているドレミファソラシド」なんですが、


これは、「ド・C」から始めてオクターブ上の「ド」まで行った音階です。


しかし、この音階「イオニアン」の規則を、他の音から始めた時にも

イオニアンスケールにして弾く、という感覚があまりありません。


例えば、Rock系の曲の基本である「Key=A」の時には、

「A・ラ」から始めて、イオニアンの音階になるように弾く必要があります。

下の図を見て下さい。

【Aのイオニアン・スケール】

a_io.jpg

赤文字の「1」が、「A・ラ」の位置になっています。

このように弾けば、普通のドレミ・・・・、に聴こえます。


まずは、この練習をします。

数字名書いていないフレットを「使わない」わけではありません。


代表的な場所を指定しただけなので、ここに書いていないフレットでも

同じ音は低音側にも高音側にもあるので、探してみてください。


「1・2・3・4・5・6・71」の数字が、「A」を仮のドとした場合の

今まで普通に聞いていた

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」に聴こえるはずです。


最も基本になるスケールなので、まずはこのフレット位置を覚えます。


次回以降は、順を追って、スケールの種類をアップしていきます。


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 4.ベースのスケール > ベースのスケール練習 その1「イオニアン・スケール」





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/127