スティングというベーシストを知っていても、ポリスのベーシストだったという

事実を知らないという人もいる、という何とも複雑な心境になる時があります。


The‐Policeは70年代後半にイギリスで結成だれたトリオバンドで、今では

メジャーになった「パンク」という社会現象を象徴するバンドでした。


その音楽志向は、当時まだアングラ的であったレゲエを取り入れたもので

ホワイトレゲエバンドとも言われていましたが、パンクバンドとしての印象が

日本では強かったようです。

その中でもベーシストのスティングは、サウンドメーカー・メロディーメーカー

としても特異な才能をみせています。


■3ピースバンド(トリオ・3人組)とは思えない、その音楽の深さは聴くものを

  魅了します。

  「ロクサーヌ」「見つめていたい」「孤独のメッセージ」は必聴でしょう。

  
■ポリス解散後のスティングはJAZZやPOPSの要素も取り入れながら

  次第にミュージシャンとして成長する傍ら、社会活動にも積極的に参加します。

  これは、デビュー前に教師であったことも影響しているのかも知れません。


■スティングのベーススタイルは、奇をてらったものではく、どちらかというと

  正統派スタイルでありながら、アレンジ面での多様性が生むベースの可能性を

  追究した曲になっています。


  「こんな簡単なフレーズなのに、何でこんなに良い曲なんだろう。。。」

  と思わず感心してしまう珠玉の名曲を生み出しています。

   「Englishman in N.Y.」は、あまりにも有名です。


★「The POLICE」

★「Sting」ソロ

 DVDでスティングを観る。

 ★ポリスについて、もっと詳しく知りたいなら、

                      ⇒「The Poloce」

 ★スティングについては、こちら

                     ⇒「Sting」

 ベースを弾きながら、歌を唄う。というお手本のようなミュージシャンでしょう。


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 8.ベーシストの大師匠たち > ポリスのベーシストというより「スティング」のほうが今や有名?





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/96