ベース弦の交換時期・タイミングをよく尋ねられる時があります。


もちろんLIVE前やレコーディング前には交換するのは常識です。


また、練習頻度・ケースに入れているか入れていないかにもよりますが

だいたいベース弦は1週間もすると、張り替えた時の音よりは低下します。


音の好みは人それぞれなので一概には言えないですが、アタック音や

サスティーン(音の伸び)が悪くなってくるので、そうなれば交換したほうが良いでしょう。


人によっては、わざわざアタックを抑えるために、しばらく放置してから張ったり、

お湯で煮てから、なんて人もいます。1ヶ月くらいが丁度良いなんて人も。。。


余程、音を聴き分ける耳が出来てからならいいですが、古い弦は低音になるほど

音程が聴き分けられなくなるので、4弦の開放弦と1〜2フレットの違いが分りぬ難く

なったら張り替えた方がいいでしょう。

■さて、ベース弦だけではないですが、弦は大きく分けて2種類あります。


   ■「フラットワウンド」

     これは、弦の表面がつるつるしている弦。

     ウッドベースはこの弦を使うことが多いです。

     柔らかな音を出す弦で、ウッドベースのようにフレットが無いネックで

     スライド奏法という、弾いてから指を離さずに上下に動かすと、音が

     「ウ〜〜〜ン」となって、音程がしっかり判別(ド⇒ド#⇒レなどとわからない)

     できないけれど、確実に高くなっていくか低くなっていくように弾ける。

     ウッドベースのジャズプレーヤーだけではなく、ジャズベやプレベを

     「フレットレス(フレス)」といって、フレットが無いベースにも使われます。

   ■「ラウンドワウンド」

     普通の弦はこの「ラウンドワウンド」が主流で、弦の断面が丸いので

     巻いた時には、デコボコになっています。

     通常、ロックやPOPS系のベーシストはこの弦を使います。

   
    ただ、「ハーフワウンド」といって、半円のものや断面が楕円になっているものも

    ありますが、音の違いが分らないうちはラウンドワンドがおすすめです。


 ■また、弦は巻弦の中に芯があって、これが丸いもの、楕円のもの、

  中には6角形や8角形の芯を持っている弦もあります。

  丸い芯に比べて、6角形や8角形の芯を持つ現は比較的音が硬めでしっかりした音

  になっているように感じますが、これは各メーカーのこだわりなので、それぞれの

  スペックを読んで、自分の好みに合った弦、バンドの音に合った弦を選びます。

 ■また、ベース弦の場合ラウンドワウンドは、巻弦の山が大きいので、その隙間に

   指アカやサビ、ホコリなどが残りやすいので、演奏後はきれいに拭きとってから

   ケースに入れるようにしましょう。

   これは、ギターでも同じです。

 
 色々な弦を試すことで、自分の好みに合った弦がみつかると覆います。

 ただ、ベースの場合あまり安い弦はおススメできませんが、、、、

 D’Addario・ERNIEBALL・Fender・DR・ghs・Shadowsky・Prosteels

  あたりが良いのではないでしょうか。

  
★色々なベース弦、特性をよく読んで選ぶ★


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 1.ベース初心者の基本知識 > ベース弦にも種類は色々あるので。





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/89