ベースギターが、ギターのようにコードを型として視覚的に分り難いのは

いままでの説明で分ると思います。


ですから、ベースギターは基本的にはフレットで覚えるのが近道です。

 ===============================

 ■でもその前に、スケールとはどのように使うのか?


   が分ってないと、どれだけスケールを覚えても意味がありません。


 ==============================


 前のページで、「ド」からだけじゃなく「レ」から「ミ」から始めるドレミファ・・・


  の種類について説明しました。

 ■それぞれスタートする場所が変わるとスケールの「雰囲気」も変わることも

   理解できたでしょうか。 まだなら、⇒「もう一回前ページ」に戻ってみましょう。

 ■さて、Key=Cの場合、普通のドレミファソラシドは、そのコードの


  ルートである「C・ド」をスタートとしています。


  このスケールは、Key=Cの曲を通じて使うことが出来るスケールです。

    ⇒このあたりは「キーボード初心者のページ」で詳しく書きます。

 ________________________________

  ■そして、「レ」からスタートするということは、「レ=D」からということ。


   どうも、「D」を基本にしたコードに使えるスケールだ、ってことは予想できます。

 


   ★★そうです、このスケールは、★★★★★★★★★★★★★


   Key=C の時の、「Dm」が鳴っている場面で使えるスケール。


   ★★これを、「D」のドリアンスケール と言います。★★★★★★

 
 _______________________________


  ■このように、あるスケールを使う場合に、


            その時どのコードが使われているか?

  を知ることで、そのコードに適応するスケールを使えば良い、ということです。

 ■ただし、セオリーにこだわりすぎるのは良くありません。


   それでは、オリジナルも作れませんからね。

    でも、基本は大事。


   それを理解した上で、降りてくる閃きを加えて新しいものが出来ます。

 ■普通の「ドレミファソラシド」と言ってきたのは、


    「Cのイオリアンスケール」というのがスケールの名前。 


     しかも、これはKey=Cという、メジャーキーの時に使えるスケール。


 ■このように、Keyのマイナー・メジャーや、


   同じDmでもKey=Cの時の「Dm」なのか、Key=Amの時の「Dm」かに

  
   よっても呼名は変わります。

 ■大まかに分けて、スケールは10〜15通りのスケール覚えればいいでしょう。


   スケールの種類は、追々ここでもUPしていきますが、

   まずはコードに呼応したスケールが分っていると便利だし、

   フレーズを作るのが早いだろうということは想像できますよね。


  

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 4.ベースのスケール > コードとスケールを意識する、ということ。





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/67