さて、コードのルートがどこにあると、

  ■オクターブはどこか、分りましたか?


     ★4弦ルートなら、2弦の2フレット上。

     ★3現ルートなら、1弦の2フレット上。

  ■5度はどこか、分りましたか?


     ★4弦ルートなら、3弦の2フレット上。

     ★3弦ルートなら、2弦の2フレット上。


        ■ココ、基本ですからね。


bass_flet_rute5th.JPG


 そして、マイナーかメジャーかを決める『3度』の音も分りましたね。

  「え”っ?」っていきなりこのページに来ちゃった人は前のページを読んでくださいね。

 で、バンドで「コード」というと、ギターが指をこんなしたりあんなしたりして


 虫の足のようにフレットを押させてるのを想像するかと思います。

 ■それは、型を意味している場合が多いですね。

 ここで、やっとベーシストもコードを「型」として「フォーム」として見てみましょう。


 先ほどのフレット図を見て覚えたように、


  ===「A]というコードがあったとすると、=============

  ■4弦5フレット(ルート)         ⇒ ■人差し指       

  ■3弦7フレット(5度)          ⇒ ■薬指

  ■2弦7フレット(ルートのオクターブ)⇒ ■小指


    まず、ここまで作ります。

  ■そして、残る1弦ですが、

      『6フレット』  ⇒ 『 C#・ド# 』    なら 「Aのメジャーコード」

      『5フレット』  ⇒ 『 C ・ ド 』   になり「Aのマイナーコード」


 
    ■これは、中指を6フレットを押えるか・離すかで変えます。

 ===============================


 この最後の3度を、最初に覚えてしまうとギターっぽくなってしまうんです。

  そのために、前ページを先に書いたといってもいいくらいです。


  前ページの3度の位置を理解した上で、この1弦の3度を利用しましょう。

          ■どうしてかというと?


  1弦系の音は既にメロディー部担当に近くなっています。

 ベースの面白さは、単にリズムやビートを低音で作っているだけじゃない。

  ベースが作る独特の音色と雰囲気を持つ「フレーズ」や「メロディー」は


  時としてギターやキーボードの勝るものがあります。


 ■メロディー楽器としてのベースについては、またスケールのところで

   ぼちぼち書いていきます。


  ■今回のコードフォームは4弦ルートに絞ったので、

   4弦ルートで「E」から「C」くらいまでは、低音から上がって行けるように

   しておいてください。

  ■3弦ルートの場合でも、3度が無いだけでルート・5度・ルートオクターブは


   同じ仕組みで出来ているので簡単ですね。

 ここまでは、コードといっても3つの音が中心でした。


 次ページから、前にキッカケだけ書いたセブンスなども含めて


 4コ目、5コ目の音に注目していきます。


 セブンスの音は、もう以前のページを読めば分るようになってませんか?
   
  復習の意味でも読んでみて下さい。 そのページ

 先ほどのコードフォームと、この位置関係も見ていきます。

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 3.ベースとコード > コードをギターのようにフォームで見てみる。





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/63