コードが、「1度・3度・5度」という順に重なってるのは分りましたね。


そして「セブンス・7th」という、7度の音を重ねて「4個の和音」にする


そんなことも、覚えました。


 5度と7度が、どの位置関係にあるか分ってますか?


==■今回は、コードの響きを決める基準になる音『3度』について、==

 このフレットで、コードを作りましょう。

 ロックの基本は 『A』 なので、

 【 A 】 は、「ラ ・ ド# ・ ミ 」、   「A ・ C# ・ E」 を押えます。

bass_flet_rute5th.JPG

 「C#」 が、『3弦の4フレット』 になりますね。


  ここを弾けば、コードが「Aメジャー」なら間違ってない。

  ということです。


 ★★逆に、「Aマイナー」 なら、3度目は半音下がるので ★★★、

   押えるフレットは 「C」 を押えることになるので。 

  「C」 は、『3弦の3フレット』 がマイナーの音です。

 ■コードが「Am・エーマイナー」なら、ここを弾くということです。


 ===============================


 ベースは、ギターのように「コードをフォーム・型」で弾くことは少ないです。


 ★★★コードの構成音を一つずつ弾く場合が多いです。


 コードの構成音が、フレット上でどのような位置関係になてるか?


 ===============================


 これが重要なポイントになってきます。


 ■ちなみに、ルートが3弦ルートになったとしても、この位置関係は同じ。

 例えば、「Dコード」でやるなら、

  ルートは、3弦の5フレットなので。。。。。

  ★メジャー3度は、『2弦の4フレット』 の 「F#」ですし、

  ★マイナー3度は、『2弦の3フレット』 の 「F」 です。

 この3度の位置関係は、将来必ず必要なポイントなので、


 しっかり覚えておきましょう。


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 3.ベースとコード > メジャーとマイナーを決める「3度」の音





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/62