チョッパーベース奏法とスラップ奏法、これは、同じだと思っていいでしょう。


というか、チョッパーって、日本独自の呼び方なんじゃないかと。。。


=======■さて、チョッパーのやり方です。========


 ★まず、右手の型。


   親指を立てて、他の指は軽く握るような感じ。

   だたし、手のひらに指は触らずに、浮かせたままです。


 ■そして、だいじな事は、手の動きなんですが、

   ウチワやセンスで、風をおこす手首の動きがありますよね。

   「パタパタ」扇ぐ、あの手首の動きです。 

   ★コレが、基本。

   肘から手首にかけて、硬くならないように注意します。

   ここが、柔らかくなっていないとスムーズなフレーズが弾けません。


  ■親指の仕事。

   立てた親指の第一関節の右横側で、弦を叩くように弾きます。

   この時、弾いた後は指を浮かせます、弦を押さえたままにしない。

   要は、弦の反動を貰って返ってくるかんじですね。

   手首が回っている感覚をもちながら弾きます。


   まず、親指だけで「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」って感じで練習しましょう。


   ★もうひとつ、親指をピックの様に使って上下に弾く場合もあります。

 ■次に、人差し指の仕事


   弦を指先で引っ掛けて上にはじく。 これを『プル』といいます。

   最初は、左指でどこかのフレットを押さえて弾きます。

   『パン!』という、小気味良い音を出せるように。

 ■では、親指の『ドッ』と、『パン!』の連続技を練習しましょう。


  4弦の5フレットを人差し指で、2弦の7フレットを薬指で押さえます。


   4弦を、右手親指で『ドッ』、その後に人差し指で2弦を『パン!』


    『ドッ』・『パン!』・『ドッ』・『パン!』・『ドッ』・『パン!』・・・・を連続で。

   親指が弦の上に残ったままにならないように、弾いたら反動で浮かせます。


   この場合、「A」のオクターブ音をチョッパーするということですね。 


  ========■出来ましたか?==============


   続いて、今度はハンマリングオンをしながら、音を出します。


  ■これは、どうやるかというと。

    
    例えば、2弦の5フレットを人差し指で押さえて『プル』をした後に、

    素早く、7フレットを薬指でグッと押さえます。

    僕は『パウ!』、と表現します。


   ■弾くのは1回なのに、2度音が鳴るということになりますね。

     ハンマーのように押さえるので「ハンマリング・オン」と言います。

   『パウ!』、『パウ!』、『パウ!』、と何度も練習して下さい。

 ====■さて、ここからがキメ所ですよ。==========


  『ドッ』 と、 『パウ!』 を連続して出来るようにします。


  4弦5フレットで、『ドッ』を叩いた後、

  2弦5フレット⇒7フレットで、『パウ!』をキメる。


 ■右指のフレットチェンジで戸惑いますね。


  4弦5フレット、をn人差し指で弾いた後、

  すぐに、また人差し指で2弦5フレットへ行く人もいれば、


  5フレットをセーハー(フレットを横切るように人差し指を押さえる)するのも


  4弦は人差し指で、2弦は中指で押さえておいてハンマリングは薬指or小指


   というパターンもあります。自分に合った方法を探しましょう。


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 5.ベースの奏法について > 人気のベースの奏法、チョッパーとは?スラップとは?





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/51