コードが、どのように作られていて「メジャー」と「マイナー」はどう違うか?


 ■■これは、理解できましたか? 


 まだなら、もう1ページ戻ってじっくり読んでくださいね。

  でないと次が分からないので。。。。。


 ■では、ここでは「5度」について考えていきます。


  ベースを弾く上で、この『5度』という音の位置は最も重要です。

  特にRock・Pops系の曲などは、この位置関係無しでは語れません。


  【ルート(1度)】のフレット位置と、【5度】のフレット位置をしっかり掴むこと。

 _______________________________


 ■ここでは、譜面上・楽譜上の話はしませんよ、

   あくまで、ベースのフレット上で考えます。


   ちなみに、ギターもベースもフレットと音の関係は全く同じです。


  ■まずは、「ルート・1度」とその、オクターブ上のルートの音。

bass_flet_rute5th.JPG

  ■ロック系で一番基本になる、「ラの音」=【 A  】 の音をみましょう。


   「4弦の5フレット」にある 【 A 】 の位置。


   ★ここから、【2本細い弦へ移った、2フレット分上の音】 =「2弦の7フレット」
 

     ここにも、【 A 】 があることを確認して下さい。


   ★★この、「2弦の7フレット」は、音が高いだけで同じ「A」の音です。★★

      これを、【 オクターブの位置 】 といいます。

    3コードの基本となる「A」・「D」・「E」のオクターブ位置を、色を変えて

    書いておきました。 これは、絶対に忘れちゃイケマセン!!

 ______________________________
 

 ■次に、 4弦5フレットの「A]から、1本細い弦の、2フレット分高い音


   ★★ここに、【 E 】 の音がありますね。 


 ==============================
 

    ★★★これが、「1度=ルート」と「5度」の位置関係です。★★★


 ==============================


   ■基準(1度)にする音を、どの音にしても

                     この「ルート・5度の位置関係は同じ」

   ■例えば、ルートを「C」にしたのなら、、、、「C」=3弦3フレットを基準にして


      1本細い弦=2弦  の  2フレット高い音=5フレットの

   
                    「G」の音、 これが「ルート・5度の関係です。」

  ■特にベースは、この【フレット感覚】が大切です。

   これを、理解した上で、コードを覚えていくと、それだけでフレーズが

   作れるようになりますよ。

  3度については、前のページでクドイくらい説明したのでOKですね。

 _____________________________


 この後のページからは、その基本コード(3和音)に付いてくる、


  ★付加音、3個の和音に、付け足す音。

   を使ったコードについての説明をしていきます。


  「G#m7のマイナス9th」とか、そんなワケのわかんないコードを

  分るようにしていきましょう!


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 3.ベースとコード > ベースのコード感覚は「ルートと5度」が最も重要。





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/50