ベースプレーヤーで、ソロとして活動することは稀です。

大体は、BANDメンバーとして「●●●のベーシスト」として紹介されます。

  しかし、スタジオミュージシャンの場合は別。

 数々のアーティストと一緒に仕事をする中で、限りなくサウンドを広げ

 それがまた評判を呼び、ビッグネームとの共演につながる。


■マーカス・ミラーは、そのTOPに君臨するベーシスト。

 帝王・神と言われるマイルス・デイビスとのコラボではサウンドメーカーを
 務めるほど、その実力と技術は、数多くのミュージシャンが影響を受けました。

 まさに教科書・バイブルと呼ぶにふさわしい。

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 8.ベーシストの大師匠たち > 聴いておきたいベーシスト 2





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/18