コードってというと、ギターキーボードのものと思っていませんか。

 たとえベースでも、コードの感覚は必要です。


■コードについて、ある程度知っている場合はこのページは飛ばしましょう。


■さて、まず「コード」とは何か?


 コードとは簡単に言うと 『和 音』 のこと。 複数の音が重なったものです。

  ただ、その音はデタラメに重ねれば良いのではなくて、


 ==========================
  
        ★一定の「法則」があります★

 ==========================


 ●まず、ひとつの音を決めます。 基本=根、になる音なので【根音「ルート」】という


 ●その「ルート」になった音を(1度)として、一つ飛んで次の音=(3度)を重ねる


 ●次に(3度)の音に、また一つ飛んだ上の音=(5度)を重ねる


 これを、【コード・3和音】といいます。
      ^^^^^^^^^^^^


  ★さて、次の法則です。


   ここが、ちょっとポイントなんですが、

   ●重なった3和音の、【真ん中の音】が「長3度か短2度」で、


           ★★★「メジャーかマイナー」が決る。★★★

■ベースでもギターでも、音の並びを【鍵盤として】とらえる感覚は重要です。

                        (*これが後にジャブのように効いてきます)

 ●「長3度・短3度とは何か?」

  普通の「ド・レ・ミ・ファ・ソ・・・・」をイメージして下さい。
bass_keyboard_flet01.JPG

    赤い丸・「ド」を、ルート(1)としましょう。

      (1)=ド なので (3)=ミ (5)=ソ 重ねます。

 ●この時、「ドとミの間」には黒鍵が、2個入っているけど、


    でも、「ミとファの間」には黒鍵が、1個しか無い。    *黒鍵=半音の印

このように、半音をキッチリ踏んで階段のように進んだ音を「長3度」とイメージ。


その1個手前のところ、上のコードなら【ミ♭】のところの音を「短3度」とイメージ。


 ================================


 ★「長3度の3和音=メジャー」  ★「短3度の3和音=マイナー」という。


 ================================


■最初に決めた【ルート】のアルファベットが、コードの名前になります。


 【ルート・ド=C & 長3度=ミ & 5度=ソ】 だと『 C 』。 

                           *メジャーの場合はコレだけ


 【ルート・ド=C & 短3度=ミ & 5度=ソ】だと『 Cm 』 「シーマイナー」
 
                         *マイナーはちゃんと言います。
                         *mは、マイナーの印。小文字で。  

 ■ルートが変わればネームも変わる。


   ★ルートが「ソ」で長3度なら『G』、「ラ」で短3度なら『Am』(エーマイナー)


 ここをキッチリ踏んでおきましょう。
cord_triad01.JPG

 そして、次に(5度)について考えることにします。


ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 3.ベースとコード > コードとは?ベースもギターも、コードは世界共通





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/15