ベースとドラムは、BANDの中でも「リズム隊」といわれるように

曲の基本となるリズムをつかさどる重要なパートです、


■リズムの基本は「8ビート」

  常に頭の中では「1・2・3・4、2・2・3・4」という4カウントの2回周りが
  頭の中で数えているように意識します。

 できれば、足のカカトでリズムを踏みながら弾くよう練習しましょう。
 
 どちらの足でもいいですが、右足だとベースギターのボディーが揺れるので
 左足でリズムを刻むくせをつける良いでしょう。 リズムキープは基本です。

さて、リズムキープはできたとして、ベースを弾いている時メロディーがただ流れて
いるだけでは、平坦な感じのままで変化がありません。


■そんな時に重要になってくるのが「ミュート」という技。

 連続するメロディーを、要所要所で切ってやるのです。


■方法は、大きく分けて2通りあります。

 まず、弦を押さえたフレット上の指をそのまま浮かすミュート。

  これは、弾いた後と浮かすまでの時間差で早いミュート・遅いミュートという
  変化をつけます。単純に指を浮かすだけなので簡単ですが、どのポイントで
  指を浮かすかは、練習していくうちに体が覚えていきます。

 もうひとつは、フレット押さえた指とは違う指で弦を触って音を止めるミュート。

  例えば、人差し指で4弦3フレットを弾いた後に、薬指か小指で4フレットや5フレット
  あたりを触ってやることで、弦の振動を止めることでミュートが出来ます。

どちらのミュートを使うかは、曲によりケースバイケースなので色々試してみましょう。

いずれにしても、リズムに乗りながら弾くことが重要です。

 ≫
★楽天・ベースギター市場★

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 2..ベースギターの弾き方 > リズム感覚と「ミュート」という技について、





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/8