ベースギターは、弦も太いし、フレット間隔も広いのでギターなどとはちょっと
違った感覚があります。

まず。手首はほぼ90度に曲げます。

そして、親指はネックをはさんで、中指と薬指の間くらいの位置で押さえます。

  指で「キツネ」を作った時の、あの親指の位置。 


■「フィンガリング」 とは?

   指の運び方、運指(うんし)ともいいますが、これにはいくつかの方法が

   あって、それはフレットに対して指をどのように置くか、によります。

  指は、フレットに対して垂直に弦を押さえます。第一関節の先でしっかり押さえる

  適度に各関節が曲がり、アーチ状になっているようにしましょう。


■フレットのネック寄りを押さえます。

  あまりフレットから離れた位置では、きれいな音が出ません。


■さて、フィンガリングですが。

  これは、各指が一つずつフレットに対応するように弾くかどうか。

  例えは、人差し指を3フレットに置いたら、中指は4フレット、薬指は5フレット
  そして、小指が6フレットを弾くようにする弾き方がスタンダードですが、

  小指と薬指は同じフレットを担当し、フレーズによってどちらかの指で弾く。
  という方法もあります。 これは、いろいろなベースプレーヤーを見て各々で
  研究してみてください。

  「8.ベーシストとして」のところに、参考になるベースプレーヤーなどを載せていきます。


■ひとつの音を弾いたら、【意識】は次のフレット位置へ持っていくようにしてスムースな

  フレーズが弾けるように心掛けましょう。
  
 
★楽天・ベースギター市場 !時々スゴイ激安が見つかります。★

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 2..ベースギターの弾き方 > ベースのネック側、左手のフィンガリングについて。





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/7