ベースギターでもエレキギターでもこのチューニングは使えます。

■まず、「ハーモニックス」とは何かというと。

 フレットを押さえる時に、しっかりした音を出さないように

 指では触ってるけど、弦は宙に浮いた状態で弦を弾きます。

 最初は、ちょっと慣れていないので難しいかも知れませんが

 何回かやってると出るようになります。

 「ポ〜〜ン。」っていう音で。 いつもより「高い音」が鳴ります。

 弦を弾くときに、親指で上から下にはじくようにするか、中指あたりで

 引っ掛けるように弾くと出やすいでしょう。


 フレット上の指は、ホントに触るくらいで、弾いたらゆっくり (でも比較的早めに)

 上に浮かします。


 ボーン、ボーンって音じゃなくて「ポ〜〜〜ン」って感じで響きます。


 この「ポ〜〜ン」という音をハーモニック音といいます。 

 この音を使って合わせるので「ハーモニックス・チューニング」

まず、このハーモニック音が出るようにならないと次へいけません。練習、練習。。。

■では、そのチューニング方法を説明します。

 これも、通常のチューニングのように隣り合った弦で、同じ音が出る場所があります。


★『4弦・5フレット』 ⇒ 『3弦・7フレット』

★『3弦・5フレット』 ⇒ 『2弦・7フレット』

★『2弦・5フレット』 ⇒ 『1弦・7フレット』 が同じ音。


  チューニングに慣れてくると、この方法のほうが合わせやすいです。

  なんでかというと、普通のチューニングでは音が低く過ぎてお互いの

  弦の音程差が聞き取り難い。

  それをハーモニックスを出すことで、音のうねり(チューニングの差)が、

  聞き取り易くなるからです。

■このハーモニックスは、なにもこのフレットだけではありません。

  探してみると、「お、ここ出るじゃん」「ここも、出るねェ」って場所がみつかるはず。

  12フレットでも出ます。(ま、ここはオクターブ上の音なので当たり前)

■この音が出るフレットを覚えとくといいですよ。
  ソロやフレーズなどに、このハーモニックスを使ってる曲はけっこうあります。


★楽天・ベースギター市場★



★楽天・ベース弦市場。ピックも探してみる★

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 1.ベース初心者の基本知識 > ベースのチューニング 「ハーモニックス・チューニング」





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5