まずは、エレキベースを基本としましょう。 

ウッドベーズとかJazz系の話をすると小難しくなっちゃうので。

  とりあえず、ベースは手元にある。として

 各パーツの名称とかは、楽器屋で聞くとかWebで探すとかしてるでしょうから省きます。

 糸巻きを「ペグ」といったり、ネックを横切る鉄の棒を「フレット」といったりペグの反対側で
 弦を支えているところをブリッジといったりね。


■弦は、細い方の弦から「1弦・2弦・3弦・4弦」と呼んでいます。

  右利きで構えた場合「下が1弦で、上が4弦」


  ギターやベースなど弦楽器は、基本的に太い弦=低い音の方からコードやフレーズ
メロディー・スケールなどを考えます。


  ★なので、常に太い弦(4弦側)から、コードやフレーズを考えるようにしましょう。


  *コードやスケールに付いては、それぞれのカテゴリに書きます。


■チューニングの仕方、

      「4弦=E・ミ」 「3弦=A・ラ」 「2弦=D・レ」 「1弦=G・ソ」

       これは、チューナーなどがあるので、それで合わせるといいでしょう。

  各弦の音程とフレットの関係はギターでも同じです。
  ギターの6弦から3弦までの、4本と同じ関係になっています。

  フレットを押さえる時は、なるべくフレットのギリギリのところで押さえます。

  フレットとフレットの真ん中あたりで押さえてしまうと、音が上手く出ません。

  でも、逆に指がフレットにかぶってちゃダメ。音がビビらないように気をけます。

  キーボードで見ると、その音程がどうなっているのか分ります。
 
 ≫キーボードとギター(ベース)の音程についてはココで。

  これを見ると分るように、ベースギターでは、

★ 『4弦の5フレットの音』 と 『3弦の開放弦の音』 =「A」

★ 『3弦の5フレットの音』 と 『2弦の開放減の音』 =「D」

★ 『2弦の5フレットの音』 と 『1弦の開放弦の音』 =「G」 が同じ音。

  チューニングのときは、チューナーだけに頼らずに、
  この合わせ方でもチェックします。
bass_chuning01.jpg

 ≫
★楽天・ベースギター市場、フリマも要Check!!★



★楽天・ベース弦市場。ピックも探してみる★

ベース 初心者とベースギターのページTopへ > 1.ベース初心者の基本知識 > ベースギター 初心者には、まずチューニングから





 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


役立つブログもチェック!⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/4